JLOXの申請支援サービスの内容と料金(コンテンツ海外展開促進・基盤強化事業費補助金)

JLOXのサムネ

JLOX(ジェイロックス)とは、国内のライブエンタメ等のコンテンツ産業の活動を下支えし、収益力回復に向けて

  • コンテンツ自体のデジタル化に関する取組
  • コンテンツの展開/配信/収益化に関する取組を実施することを通じて海外展開に必要となるデジタル技術を軸に今後応用性のある取組

を支援することで、ライブエンタメ産業で新たなビジネスモデルにより新たな需要獲得を目指す事業者に対して、その事業基盤強化に向けた取組を促すことを目的とする補助金です。

紛らわしいですが、予算毎に事務局が違うので公式サイトが2つあります。

要は簡単に言うと、コロナで舞台とか演劇などの芸術産業がかなりの大打撃を受けた。
だから今の時代に合わせて、コンテンツ自体のデジタル化はもちろんのこと、デジタル技術を使って更にコンテンツ自体を昇華させたり収益化に繋がる様々な施策を取り組んでいこうよ、その手助けのために補助金出しますよっていう話です。

現在は以下の2つの枠があります。

  • ライブエンタメ産業の基盤強化支援(事業基盤強化枠)←今年度は公募終了しました。
  • ライブエンタメ産業の先進的ビジネスモデルへの転換支援(ビジネスモデル枠)

①はコロナで苦しむ事業者様を助ける枠、②はアフターコロナの中でより先進的なビジネスモデル・プランを作り出した事業者様に補助金出します枠、というイメージです。

JLOXのスケジュール・公募申請受付日など

①「事業基盤強化枠」②「ビジネスモデル枠」は公募期間が異なります。

ので、分けてスケジュール紹介しますね。

事業基盤強化枠

スクロールできます
募集回受付期間イベント実施日交付決定日
第1回令和5年3月31日(金)~4月9日(日)令和5年4月28日(金)~6月30日(金)まで令和5年4月28日(金)
第2回令和5年4月14日(金)~5月8日(月)令和5年7月1日(土)~10月31日(火)まで令和5年6月16日(金)
第3回令和5年6月16日(金)~7月7日(金)令和5年9月1日(金)~令和6年1月31日(水)まで令和5年8月18日(金)
第4回令和5年8月18日(金)~9月8日(金)令和5年11月1日(水)~令和6年1月31日(水)まで令和5年10月13日(金)

こちらは、第4回が最終募集回数になっていますので、申請をお考えの方はお早めに。

ビジネスモデル枠

スクロールできます
募集回受付期間事業完了期限採択通知日
第1回令和5年8月31日(木)~9月15日(金)令和6年1月31日(水)令和5年9月29日(金)
第2回令和5年9月16日(土)~10月6日(金)令和6年1月31日(水)令和5年10月20日(金)
第3回令和5年10月7日(土)~10月31日(火)令和6年1月31日(水)令和5年11月30日(木)

第1回~第3回まで間髪無く募集が行われますが、全3回に共通して事業完了期限は「令和6年1月31日(水)」であることに注意が必要です。

また、事業基盤強化枠でお分かりかと思いますが、後ろの募集回になればなるほど予算の問題で採択率は下がる可能性が高いです。応募を考えられている方はお早めに。

JLOX 各回の採択率と合格点数

事業基盤強化枠

公募回採択件数申請件数採択率合格点数
第1回28777337.1%90点/110点満点
第2回717151347.3%95点/110点満点
第3回267183514.5%105点/110点満点
第4回

第1回・第2回は正直、適切に事業計画書を記載してキッチリ加点を狙いに行けば採択されたかなという印象でしたが、第3回は採択率14.5%という事でかなり厳しい結果となっています。

ボーダーラインが105点って、ほぼ満点ですやん・・・というのが正直な感想。

事業基盤強化枠に使える予算が思いの外減ってしまい、急遽第3回を辛くしたのであれば第4回も厳しい戦いになることが予想されます。

ビジネスモデル枠

まだ発表されておありません。

当事務所の申請支援サービスの受付締切日

項目公募申請締切日OR補助実績報告締切日当事務所受付締切日
JLOX(ビジネスモデル枠)申請支援サービス(第2回公募分)令和5年10月6日(金)令和5年9月15日(金)→締め切りました
JLOX(ビジネスモデル枠)申請支援サービス(第3回公募分)令和5年10月31日(火)令和5年9月29日(金)→締め切りました
税理士・公認会計士による確認応募コンテンツによる(最終公演日から90日以内もしくは令和6年1月31日のいずれか早い日)令和6年12月15日(金)

当事務所での申請支援受付は、その他の業務との兼ね合いで上記記載日よりも早くに締め切る可能性が高いです。申請をお考えの方は早め早めにご連絡下さい。

証憑類の「税理士・公認会計士による確認」は全ての公演等が終了して支払まで完了してから実施することになりますので締切遅めです。

なお、緊急事態舞台芸術ネットワークに加盟している事業者は、サポートセンターが発行した別途専用の確認書を、税理士・公認会計士確認書の代替書類として提出することが出来ますので、費用対効果を勘案してどちらに頼むか決めましょう。

JLOX申請支援サービスの料金

いずれも金額は税抜です。消費税は別途プラスされます。

申請支援サービス

報酬体系は「着手金+成功報酬」です。

項目ベーシックプランアドバンスプラン
着手金10万円15万円
成功報酬採択額の10%採択額の15%

*1 着手金は採択されるか否かに関わらずお支払い頂きます。また、成功報酬は着手金とは別にお支払い頂きます。
*2 ベーシックプランの成功報酬は交付決定時に全額お支払い頂きます。
*3 アドバンスプランの成功報酬は交付決定時に10%、補助金入金時に残りの5%をお支払い頂きます。

*4 成功報酬は採択額を元に決定します。交付決定額でも実際入金額でもありません。

税理士・公認会計士による確認サービス

項目料金
申請支援サービスを利用していない場合補助対象経費の0.7%(最低15万円)
申請支援サービスを利用している場合(割引価格)補助対象経費の0.5%(最低10万円)

JLOX申請支援サービスの内容

プランに応じた申請支援サービスの内容は以下のとおりです。

簡単に言えば

  • ベーシックプランは交付決定までサポート
  • アドバンスプランは補助金入金まで徹底サポート

という違いがあります!

項目ベーシックアドバンス
各種質問
事業計画書の作成支援
事前着手届に関するアドバイス
収支計画書作成支援・レビュー
その他応募申請時書類作成支援・レビュー
交付申請書作成支援・レビュー(*1)
交付申請時必要書類の様式チェック等(*1)
事業計画変更承認申請書作成支援
収支報告書作成支援・レビュー
見積書/発注書/請求書等の証憑レビュー
その他実績報告書類作成支援
税理士・公認会計士による確認の割引提供

*1 補助金によっては「採択=交付決定」の場合があります。その場合、当該サービスの提供はありません。

やり取りは電話やチャットツール、Zoom等により行いますので申請支援サービスは全国対応可能です。

お申し込みの流れ

STEP
面談日時のご予約

問い合わせフォームよりまずお問い合わせ下さい

STEP
無料相談・面談の実施

・事業計画の内容や財務状況、事務運営体制のヒアリング
・事業者様から当事務所への質疑応答
・当事務所のサービス説明

などを行います。

STEP
双方問題なければ契約締結

お互いに納得できましたら契約を締結頂きます。なお、契約はクラウドサインを使用して電子で契約を行います。その後、着手金をお支払い頂きます。

STEP
業務スタート

契約及び着手金の支払が完了しましたら業務スタートとさせて頂きます。